教育体系の概要

教育理念

県民の公衆衛生の向上と健康保持・増進に寄与できる看護職を育成する

教育目的

社会のニーズに対応できる看護専門職としての自律をめざし、看護実践能力の向上を図る

教育目標

1.看護専門職として専門領域の知識や技術を高め、安全で安心な看護実践が展開できる能力を養う

2.看護の動向を把握し、社会のニーズに対応できる能力を養う

3.看護職に必要なリーダーシップとマネジメント能力を養う

4.看護専門職として自律をめざす

2019年度 大分県看護協会 教育計画の位置づけ

教育体系の概要

 

教育・研修のコンセプト「CATCH+e」

大分県看護協会は人々の人間としての尊厳を維持し、健康で幸福でありたいという普遍的なニーズと時代の変化に即応した質の高い看護を提供するために、教育・研修事業のコンセプトを「CATCH+e」と決定いたしました。
あらゆる機会を「CATCH」し、看護専門職としての自律とキャリア開発をめざす成人学習者を支援し、一貫した生涯教育を目指します。

研修ガイド

看護の将来ビジョン(日本看護協会2015年策定)

「看護の将来ビジョン」には看護職の役割や日本看護協会の活動の方向性が示されています。そして、「看護の将来ビジョン」達成に向けて看護の質保障を目的とした教育計画基本方針が作成されました。

看護の将来ビジョン
研修は「看護の将来ビジョン」達成を目的として5つの新しい分類で構成しています

表1 研修分類

研修分類

表2 看護師のクリニカルラダー(日本看護協会版)

拡大画像を見る
看護師のクリニカルラダー

 

2019年度研修の特徴・変更ポイント

  1. 本協会は教育・研修のコンセプトに基づき専門職としての自律とキャリア開発をめざす成人学習者を支援します。
    日本看護協会の教育計画基本方針の変更に伴い、2018年度から研修分類を【5つの枠組み】に変更しました。研修企画にあたっては、各施設や委員会へ希望調査の実施、3年継続した研修の見直し等を行いました。(新規:12研修、再編:10研修、終了:9研修) 新規及び再編した研修は朱書きでNew!と掲載しています。
  2. 【研修分類1.「生活」と保健・医療・福祉をつなぐ質の高い看護の普及に向けた継続教育】では、1)新たな社会ニーズに対応する能力支援のための研修を本協会独自のカテゴリーに分類しています。①「看護師のクリニカルラダー(日本看護協会版)」の看護の核となる実践能力(ニーズをとらえる力・ケアする力・協働する力・意思決定を支援する力)②地域包括ケア③在宅看護④医療的ケア⑤災害看護⑥看護研究⑦実地指導者⑧学生指導者⑨准看護師⑩看護補助者です。新たに追加した⑧学生指導者のカテゴリーでは出張研修を行い、「人が育つ実習指導」の強化を目指します。②地域包括ケアのカテゴリーでは出張研修(県補助事業)として中津・宇佐・豊後高田地域と杵築・国東地域において「高齢者のフィジカルアセスメント」「看取りとエンゼルケア」「摂食嚥下障害患者の看護」を実施します。また、医療機関の看護職や他職種を対象とした「地域包括における看護師の役割(基礎編・実践編)」、さらに医療機関と地域をつなぐ役割を担う医療連携室の看護師や他職種の実践力強化を目指した「入退院支援強化研修4日間コース(県委託事業)」を実施します。多職種協働の研修として、活用していただければ幸いです。⑨准看護師のカテゴリーでは「准看護師のための新人研修」等、新規に4研修を実施します。3)診療報酬に関連した研修では、「看護職員認知症対応力向上研修3日間コース(県委託事業)」等を実施します。
  3. 【研修分類2.ラダーと関連した研修】では、1)看護師のクリニカルラダー(日本看護協会版)として、レベルⅠ・レベルⅢ到達をめざす看護師のための研修を企画しました。特に地域包括ケアで看護の果たすべき役割を担う看護師を育成する「地域ケア会議参加者育成研修(2日間コース)」は、レベルⅢ以上の看護師にぜひ参加してほしい研修です。会議において、看護の視点を持ったケアの必要性を他職種と共有できる実践力と、看護の視点を表現する力を養うことを目指しています。2)助産実践能力習熟段階(クリニカルラダー/CLoCMiP)では、「新生児フィジカルアセスメントとケア」「産科救急における対応を学ぶ」「周産期メンタルヘルスケア」を新しく企画しました。また、3)保健師のクリニカルラダーでは、「保健師の専門性発揮のための基盤強化研修」「中堅期保健師のコンサルテーションプログラム(4日間コース)」を新しく企画しました。
  4. 【研修分類3.看護管理者が地域包括ケアを推進するための力量形成に向けた継続教育】では、「訪問看護ステーション管理者育成研修」に労務管理等を含め内容を刷新し充実しました。また、ニーズの高い「高齢者施設の看護管理者研修(2日間コース)」を継続します。
  5. 【研修分類4.専門能力開発を支援する教育体制の充実に向けた継続教育】では、「中小規模病院、高齢者介護施設、訪問看護ステーションを対象とした『看護師のクリニカルラダー(日本看護協会版)』導入に関する研修」を、昨年度に引き続き日本看護協会より川本常務理事を講師にお迎えして開催する予定です。県下全域の対象施設関係者のご参加をお待ちしています。
  6. 【研修分類5.資格認定教育】では、認定看護管理者教育課程カリキュラム基準の改正に伴い、「ファーストレベル」「セカンドレベル」を再編成して実施します。日程などに変更がありますが、より受講しやすくなっています。

*言葉の定義:特定行為研修を修了した看護師を略して特定行為研修修了者と記載